深層を見抜く力

清水の記憶

 1月24日に行われた難波喬司氏の出版記念講演会では、静岡市長選への出馬は公表されなかったものの、出席者からの出馬要請や難波氏へのインタビューでも出馬に前向きの発言が出ていたことから、出馬の公算が大きいとの観測が流れていた。しかしながら、この場にスズキの鈴木修会長を招待したことが、結論を思わぬ方向に導くことになってしまった。

 鈴木修氏が講演会に出席するとの噂は従前から広まっていた。スズキの下請けであったり、スズキ車の販売店だったりと、静岡市内でもスズキと関係のある企業は 一定数あるが、静岡市長選挙を契機に自身の影響力を中部にまで拡大しようと目論んでいたのであろうか。「浜松ならともかく他都市の選挙なので分かりません」とインタビューに答えていたのが本心であるのなら、のこのこ静岡まで出向いてくる事はあるまい。小生の周りでも、そんな疑心暗鬼の声が駆け巡っていた。

 難波氏は経歴を見れば分かるように、大学を卒業して運輸省に入り、港湾関係を中心に運輸行政の先頭に立って活躍してきた、保守本流の人物である。今回の静岡市長選においても、できれば保守を地盤に出馬したかった筈である。しかしながら、市内に4つある自民党市部のうち、静岡、由比、蒲原の3市部は早々に田辺現静岡市長の推薦を決めてしまった。そして、残る清水支部も週明けには田辺を推薦するか否かの結論を出す手はずになっていた。

 清水の経済界は田辺支持と難波支持に分かれており、難波氏の出版記念講演会がどのような集まりになるかも、推薦を決める材料の一つであった。清水の経済会の基盤は保守支持である。だが、これまでの田辺市政に対する不満は強く、対抗馬を模索する動きが以前からあった。

 そこに難波擁立の話が持ち上がったのであるが、問題は後ろ盾が川勝知事である事だった。民主が地盤の知事が推す人物を表だって支持する訳には行かないのである。だから、講演会の場が出来る限り川勝色を排除した集まりになる事を、期待を込めて見守っていたのである。しかし、残念ながら川勝知事が用意した神輿の上に難波氏が乗るという構図が明らかになってしまった。

 それだけではない。川勝知事の後ろ盾である西部の経済人である鈴木修氏まで招待し、出席者代表として挨拶までさせたのが致命的であった。中部の経済人としてとても支持できる道理がない。講演会が開かれた1月24日は木曜日であり、自民党清水支部は週明けにも支持の結論を出す予定だったと前に書いたが、実際にはその2日後の26日土曜日に、早々と田辺推薦の結論を出してしまった。それ程までに、清水経済会の落胆と怒りは大きかったのである。

 難波氏としては、清水支部の推薦を取り付け、田辺市政に不満を持つ静岡地区の経済人も少なからずいる事から、それらの反田辺保守勢力を後ろ盾に出馬を目指していたものと推察するが、自民党清水支部が田辺支持とあっては万事休す、出馬断念の道しか残されていなかったのであろう。

 このような難波氏の思いが、知事には分からなかったのであろうか。もともと難波氏は出馬に慎重だったが、知事からの強い要請もあって出馬の可能性を探っていたと伝えられている。また、知事自身の後ろ盾は鈴木修氏かもしれないが、中部の人間にとって、少なくとも小生の周りにいる者で、出版記念講演会の出席者挨拶に鈴木修氏を選んだ事を肯定的に捉える経済人はおらず、難波氏の構想とも相いれないものであった。

 川勝知事は就任して10年目になるが、その辺りの静岡県独特の事情、心の「機微」が未だ理解できていないのであろうか。今まで良好だった清水と知事の関係にすきま風が吹くような事にならなければ良いのだが。先行きが心配である。

2019年(平成31年)2月3日

«